今さら聞けないIHクッキングヒーターの基本


IHクッキングヒーターに代表されるIH調理機器ですが

IHとはどのような意味かご存知でしょうか。

IHとは「InductionHeating」の略で「電磁誘導による加熱方法」という意味です。

IH方式を使った電磁調理器は、強い磁力線を発生させるコイルと

高周波電流を作り出す電子部品からできています。

まず20kHz以上の高周波電流がコイルに流れると

調理器の内部に強い磁気が発生します。

そこに鉄やステンレスでできた鍋を乗せると

強い磁力線によって鍋の底に渦電流が流れます。

鍋には電気抵抗がありますから、電流が流れると発熱します。

この方式は電気抵抗を利用していますので

電気抵抗の小さい銅やアルミの鍋では十分に発熱しませんし

電気を通さない焼き物の鍋(土鍋など)も使用できません。

上記のような特性がありますので、使用できる鍋にも適正なものがあります。

115a9f9efa50ec42ca5e50e10518394a_s

↑ルクルーゼの鍋なんかはIHと相性がいいものが多いですね。

 

よく「専用の鍋じゃないとだめですか?」

というご質問を頂くことがあるのですが

専用の鍋でなくてもIHクッキングヒーターで調理することは可能です。

ただし電気抵抗が低い鍋の場合は加熱する効率が悪いので

沸騰するのが遅いということになります。

そのような場合電気代も高くなります。

専用の鍋というのは電気抵抗が高く鍋底がフラットで

変形しにくかったり、異常発熱が起きにくかったりします。

つまり、専用鍋の方が煮炊きもしやすく電気代が安く耐久性も高く

長持ちするということが言えます。

 

実際に鍋を選ぶ時に注意して頂きたいのが

「IH専用」というシールが張られている鍋の中には

粗悪な商品が紛れ込んでいるということです。

1つの判断基準としては「SGマーク」がついているものを

選ぶのが確実です。(下のマーク)

 

sg_zu

 

他に選定時の参考としましては、材質はステンレス18-0

(数字はステンレスの種類です)が良く、

多層構造になっているものであればなお良いです。

アルミをステンレスではさんでいる3層構造のもので

厚みが2mm以上のものがおすすめです。

これは加熱効率の良いステンレスと熱伝導の良いアルミを

組み合わせることで蓄熱性もカバーできるようになっています。

中には土鍋のように蓄熱性を重視して5層構造にして

厚さ5mmのIH用鍋もあったりします。

大きさはできれば鍋の接地面がIHのリングに近い20㎝前後のものが良いです。

以上のような点を参考にお鍋・フライパンを選んでみてはいかがでしょうか。

あわせてIHでの料理のコツ「IHで料理失敗!?実は鍋が悪かった!IHで煮物を作るオススメ鍋」もご覧ください。