ハンズフリー掃除機はダイソンだけじゃない!


ここのところ、雨続きで洗車のタイミングを

失っている今日この頃です。

車内だけでも掃除しようかなーと、そんな時に活躍するのが

コードレス掃除機ですが、コードレスといえば・・・どこの掃除機ですか?

ダイソンという声が聞こえてきそうですが

コードレスはダイソンだけじゃないんですよ!

私が愛用しているのは

「マキタのコードレス掃除機」

ちなみにマキタは作業工具のトップメーカーです。

本来は業務用で新幹線の車内清掃で使用されていたことで

有名になったそうです。

ただ、その性能の高さゆえに一般家庭でもお手軽2台目掃除機として

人気が高まっているようです。

 

image1

マキタのCL182FDZWは

全長100cm(最長)重量1500g吸込み仕事率30Wでシンプルな作り、

しかも特筆すべきは連続使用時間と充電時間、

そしてコストパフォーマンスです。

掃除機と言えば「ダイソン」ということで

今回はダイソンのコードレスタイプで最も安価なDC62と比べてみます。

DC62は吸込み仕事率が100Wという驚異的なパワーを持っています。

強運転でモーターブラシを使用した場合6分、

標準モードで16分の連続使用ができます。

それに対しマキタは強運転で20分、標準モードで40分の連続使用ができます

(ただマキタの標準モードは若干パワー不足)。

そして充電時間はダイソンが3.5時間であるのに対し

マキタはわずか22分。

工具メーカーであるマキタの掃除機はバッテリーが別なので

もう1つ予備を用意しておけば掃除機をかけている間に

予備のバッテリーを充電できるのでバッテリー切れの心配が全くありません。

最後にコストについてですが、

ダイソンのDC62は定価51,800円(税別)、実売価格は47,000円程度。

対してマキタの最高価格のコードレス掃除機CL182FDZWは

定価37,600円(税別)、実売価格は26,000円程度。この差は大きいですね!!

 

ただし、比べておいてなんですがマキタとダイソンでは

掃除機としてのスタイルが全く違うので

単純にどっちが良い悪いという話ではありません。

やはりダイソンのモーターブラシはすごいし

細か~いゴミも吸ってくれます。見た目もカッコいい!

マキタはそもそも大きいものでもガツガツ吸っていくことを

重視しているのでブラシがかなりイマイチ。

見た目も無骨…。

その辺は業務用なのでご愛敬だと思っています。

 

ということで、マキタのコードレス掃除機おススメですが、

あくまで自分の使い方にあった掃除機が結局のところ一番良いということです