相場って何!?リフォーム会社と費用の比べ方はここを聞く!

リフォーム価格の相場ってよくわからない!

費用が適正かどうかわからない!

このような不安を感じたことはないでしょうか?

これらの意見は「リフォームをする時に不安を感じる事アンケート」で常に第1位になっています。

なぜリフォームでは決まった価格設定がなかったり、会社によって見積もり価格が大きく違ったりするのでしょうか?

それには、2つの理由があります。

1つは新しい土地に新しいものを作るのという新築と違い既存建物の条件や仕様に価格が左右されるということ。

そしてその見立てが人によって違うということ。

2つ目はリフォームというサービスを購入しているためサービス内容の違いがそのまま価格に反映されているが

サービス内容が明確でないということ。

 

1つ目は専門的な知識が必要になります。

例えばお風呂を交換する場合、同じ要望でもマンションと戸建てでは商品価格も工事費用も変わってきますし、

同じマンションでも間取りによって差が出ることもあります。

さらに、浴室と洗面室をバリアフリーにするかどうかやその納め方によっても価格に差が出ます。

その他構造や築年数によっても変わることもあります。

 

2つ目は分かりにくいですが、お風呂を交換する場合であれば、

お風呂の提案は要望に見合ったものか、

ショールームには同行してくれるか、

サンプルなども積極的に入手してくれるか、

詳細な変更に対応してくれるか、

近隣対策はしっかりしてくれるか、

工事はしっかりとチェックしてくれるか、

工事中の対策や養生は考えているか、

保険や保証が完備されているか、

工事のアフターメンテナンスはどのようにやるかなどなど、

保険や保証についてはこちらもチェック!→「リフォームの前に読んでほしい保険の話」

会社によってサービスには大きな差がありサービス面での価格差が反映してしまうが

その内容や何が違うのかが分かりにくい。

これらの2点があげられます。

リフォーム見積もりの価格差はこの既存状況とサービス品質の差によるところが大きいのです。

そして、2つとも一般の方には分かりにくいですよね。

46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_s

じゃあ、金額を比べるときどうーしたらいいか。

この時見積もりの金額を1つずつ比べることにあまり意味はありません。

私がオススメの方法は総額と内容の比較です。

例えばお風呂のシステムバス設置の見積もりで100万円と120万円いう金額が出てきたときに、

それぞれの金額に何が含まれているかどのような項目があるかを詳細に説明してもらい確認することです。

業者によって見積もりの作り方や項目の計上の仕方は違いますが、ここを詳細に確認することにより

商品に差があるのか、工事に差があるのかが、商品と工事が同じで金額だけが違うのかがわかります。

そして確認するポイントとしては最低限自分が伝えた要望がしっかり見積もり内容に反映されるいかどうかです。

ここで漏れがいくつもあるようですと今後のやり取りに問題が出る可能性が高くなってきます。

あわせて、どのように打合せを進めて工事を行いアフターフォローをしていくのかも確認しましょう。

home12

少しめんどくさいですがここで詳細に見積もりを確認することでわかるのは価格だけではありません。

その対応で業者の姿勢や会社のカラーがわかります。

細かい質問に対して丁寧な説明をしてくれるか、

金額についての説明は明瞭でわかりやすいか、

コストダウンにに対して前向きな案を出してくれるか。

つまりあなたのために親身になって

今回のリフォームを成功させてくれるような信頼できる業者かどうかがわかってきます。

そしてその時に突っ込んだコミュニケーションをとることで担当者との相性も見えてきます。

人と人が作り上げていくものだからこそ相性も大切ですね。

 

エビナホームではプランや現状について出来る限り分かりやすい説明と、

リフォームを行っていく上でどのようなサービスを行うかを明確にお伝えすることに重点を置いています。

皆様のコストに対する不安を払拭できるよう細かい質問にもお答えいたしますので、

ご不明点は遠慮なくご質問ください。

エビナホームの特徴についてはこちら→「地域密着って意味あるの?」

 

片づかない悩みを解消する収納の考え方とは!?

「収納」の悩みは多くの方が共通している悩みではないでしょうか。

長く生活していくと付き合いや趣味で物を手にする機会は増えて、そこにモノや思い出が積み重なっていきます。

家族が増え長く暮らせばモノが増え、おいそれと捨てることもできないもが増えていきます。

そして場合によっては、整理が追い付かず、部屋が片付かないといったこともありますよね。

収納は、ある意味では人生の大問題という側面があるものかもしれません。

収納がうまく行かず、思い悩む時間は短くないでしょう。それならば、

収納をうまく工夫することで快適に生活していく知恵が必要になります。

 

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

 

良い収納を考えるときの方法の中に

「使用頻度に合わせた収納」「使うものは使う場所に収納する」という考え方があります。

良く使うものはまとめて使いやすいところ、それを使う場所に収納し

使用頻度の低いものはまとめて天袋や押入れの奥に収納するということです。

簡単なことのようですが、いろいろなお客様のお宅を拝見していると

意外とよく使うものとほとんど使わないものが一緒に収納されていたり、

リビングで使うものがご夫妻の寝室やキッチンにあったりするのをよく見かけます。

ホントによく見かけるんです。

片づけた時はきれいになってるけど使ってるうちにものが入り乱れてしまうということはよくあります。

それは収納物の場所を明確に決めていないことにも原因があります。

なので、目立たないところであれば最初は棚や引き出しに何を収納しているかを書いた

「シール」を貼ってしまうことをお勧めします。

このあたりを心がけて収納しなおすと意外にスペースに余裕が出たりするものです。

 

それから家の中で割とスペースを占めている未使用物いわゆる「思い出の品」ですが、

その量が多すぎて支障をきたしている場合には未活用空間に収納することをもお勧めです。

未活用空間とは床下収納庫や天井裏収納、ベッド下収納など、現在デッドスペースになっている空間のことで。

場合によってはリフォームが必要になることもありますが、有効に使えればかなりの容積を確保できます。

戸建てにお住いの方は床下収納がすでに設置されているところも多いと思いますので

一度整理してみることをお勧めします。

最近使ってなくて開けてみたら5年前の梅酒が入っているということもよくある話なんですよ。

 

2

 

マンションにお住まいであれば、部屋の造りによりますが天井を少し低くして天井裏に収納を作ることもできます。

この方法もかなりの収納スペースを確保できますね。

いずれも使いやすい場所ではないので、あくまで「思い出の品」や

「一年に一度出し入れするくらいのモノ」に限られますが、メリットは大きいと思います。

 

今回は収納の考え方と未活用空間についてのことを書きましたが、収納の方法は他にもたくさんあります。

ご家庭のライフスタイルは様々なので、まずしっかりと家の中にある物を確認し収納プランを考えることが大切です。

きっとそれぞれのご家庭にあった収納の形があります。

「収納一工夫」  

↑他にもクローゼット等あればこのような収納方法も・・・

 

c19561b3d95fa40e1aa5a027fade2692_l

 

ひとりで解決できなくなったら安心して私どもにご相談ください。アドバイスからさせていただきます。

片付かないというストレスから解消されて、家も気分もスッキリしますよ。

地域密着って意味ある?地域密着店に頼むホントのメリットは・・・。

やっぱり業者は近い方がイイ。それは確か。

ただ地域密着ってよく書いてありますよね。地域密着だと私たち(お客様)になんかいいことある?っていう質問に

地域密着のお店の人はちゃんとした答えをもっているんだろうか?

メリットは「素早い対応ができる」「細やかな対応ができる」それもそうかもしれないけど、

私は一番重要なことは違うと思います。

acc81ff52ec8c2f6a9a1d54c50ddb074_s

一番重要なことは「品質確保」。

 

リフォームは一軒一軒のお宅をオーダーメイドで工事するようなもの、

現地の状況も違えば建築の年代もお客様の要望も違う。

そういった状況で打ち合わせをして工事を監理しリフォームを成功させるには、お客様とお打ち合わせする頻度、

工事を確認する頻度が品質の確保に直結するんです。

打合せであれば新しいもの作るのではなく現状からの変更ということに対して、

お客様のイメージが既存の状況に影響され想像するのが難しい場合が多いんです。

それをすり合わせていくには相応の確認作業が必要になります。

 

58fe5279c697a48631b2a1b63a5a1eeb_l

工事においても在宅で工事をしていくリフォームは、工事が予定通り進んでいるかのチェックは当然のこと、

お住いの方に不快な思いをさせていないかやご近隣の方に迷惑をかけていないかなど

チェックしなければならないことは多岐にわたります。

これらを予定通り進行させるためにはお客様とたくさんコミュニケーションを取り工事を頻繁に

チェックすることが必須なんです。

それを、できるだけコストを抑えて提供しようと思ったらよほど大所帯の会社でなければ

1店舗当たり3~4万世帯程度の地域でも広すぎるくらいなんです。

ちなみにこの世帯数は神奈川県であれば1つの市区町村単位ですね。

これを超えてたら地域密着になってません。

cdd37ee89530b2230569b269f5bfc784_l

 

あと地域密着2番目のメリットは近い業者の方が頼みやすいということです。

住宅は長く住んでいれば増築やリノベーションをするような場合もあれば、

当然、換気扇が壊れたり鍵をなくして交換しなきゃならなくなったりします。

そんな時に遠い業者には頼みづらいですよね。。いや頼んでもいいんですよ。

ただ、これは今までのお客様に気づかされたんですが、

リフォームに小さい不具合があっても遠いという理由で近くの業者に頼みなおす人が少なくないんです。

そういう点では最初から長い付き合いができる地域の業者さんに頼む方が安心できますね。

その他のメリットとしては、最初に出た「素早い対応ができる」「細やかな対応ができる」というのもあると思いますし、

販促費や経費が抑えられる分お客様に還元できるというのもあります。

 

エビナホームが地元の海老名市にこだわるのは、以上のような理由があるからです。

「打ち合わせ」「工事」「アフターメンテナンス」を良質なサービスとしてお客様に提供したい。

そういう思いがあるからなんです。

 

「リフォームの前に読んでほしい保険の話」

↑ついでにあまり知られていない保険の話も読んだ方がイイかもしれません。

これならできそうDIY!子供の本棚を作ってみた件

家族から「絵本を入れる本棚がほしい!」とリクエストがあったんですが

買えばいいじゃんという私の提案はあっさり退けられ・・・

都合のいいサイズがないということを主張されたので

結局自作で本棚を作ることになりました。

今回はあまり時間もとれなさそうだったので

ホームセンターで買った集成材をその場で指定したサイズに切ってもらい

家で組み立てるだけにしました。

 

①とりあえずこの程度の絵をかいて材料を検討します

図面を持ってホームセンターへGO
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-19-20-08-36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②カットしてもらった材料を並べるとこんな感じ

なんかすでに完成が見えてきた!カットしてもらうと非常に作業時間が短縮されます。

11071701_711685582292780_7050488901010265031_n

 

③まず組み立てるための取り付け位置などを線で書いていきます。

面倒ですが、どこに棚板がついてどこにビスを打つかを書いておくと後が早いです。

11203074_711685602292778_7604774266232235561_n

 

④その線に合わせて板を固定してビスで止めていきます。

この時のビスはスリムビスを使用しました。

11113848_711685642292774_831148670281090481_n

 

⑤どんどん組み上げていきます。

背面の背板は昔使った材料のあまりが物置に眠っていたのでそれを流用しました。

それが割といい感じになりました。

あまり材で安定させるために台輪を作って完成です!

11216713_711685672292771_6411377604784690442_n11261847_711685685626103_3958412032166705846_n

 

⑥本を入れてみました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-19-19-59-00

うーん出来はまあまあ良かったけどなんか買っても良かったような。

確かに絵本のサイズって微妙なのでばっちり会う本棚はないかも。

 

↓クローゼット内の収納を自作しパターンもあります

「これならできそうDIY!収納を自作で作ってみた件」

「収納一工夫」

今回は買い出しから入れて4時間で完成しました。

材料費は全部で4000円くらいでした。

時間がある方は絵本用本棚(ただの本棚ですが)、挑戦してみてください!!

ご来場の皆様ありがとうございました!

「えびなdeほっとフェスタ」が無事終了しました!

予想以上の反響に驚いております。

お忙しい中、足を運んでくださった皆様

弊社アンケートにご協力いただいた皆様

本当にありがとうございました。

頂いたアンケートをもとに、より良い会社になるため改善をしていくつもりです。

何かお困りの際は、エビナホームを思い出していただき気軽にご相談くださいませ。

本当にありがとうございました。

 

えびなdeほっとフェスタでアンケートに答えてマックカード500円分プレゼント!!

えびなdeほっとフェスタ2016に出店することになりました!!

このイベントは海老名市周辺のお店が集まり

店舗紹介や新商品を披露するエンドユーザー様向けの展示会です。

11月17日木曜日 10:00~15:00  ザウィングス海老名にて

入場には招待券が必要になりますので、ご来場希望の方はエビナホームまでご連絡ください。

(招待券がないと入場料が1000円かかります)

14997214_896449023789447_981756656_n 14962406_896449030456113_1334736882_n

 

今回のイベントでは

①エビナホームはまだまだ海老名市での経験が浅いため

海老名にお住いの方がどんなご要望を持ちどんなご不満を抱えているかを知りたいと考えています。

そのための方法として会場でアンケートを募集させていただきます。

皆様のお声をもとに当社はより良い会社になることができます。

当日、アンケートにご協力いただいた方にはお礼として

「マックカード500円分」をお送りいたします。(先着50名様に限ります)

aa5bec87891f8288f0d7e9727f091572_s
②ご来場の方には今年度(平成29年3月31日)いっぱい契約分まで利用できる

お得な割引きクーポンもご用意しております。クーポンの内容は・・・

1、リフォーム本体価格より8%のお値引きをいたします!!

もしくは

2、システムキッチンを設置ご依頼のお客様には食洗器をプレゼント!(当社指定商品)

     システムバスを設置ご依頼のお客様には浴室暖房換気乾燥機をプレゼント!(当社指定商品)

のどちらかをお選びいただけます。

修繕工事から水廻りの交換までいろいろなリフォームでご利用できるクーポンになりますのでご利用ください。

 

③誰に聞いたらいいか分からない住まいのお悩み、ご相談や

リフォームを始める前に聞いておきたい事など皆様の疑問にお答えしておりますので、

気軽にお声がけください。(会場では営業はいたしません。相談に徹しておりますのでご安心ください)

img01

↑会場:ザウィングス海老名(地図は公式ホームページより)

 

必ず皆様のお役に立てると思いますのでご来場の際は

ぜひエビナホームのブースへお越しください!

リフォームの前に読んでほしい保険の話

リフォームでの業者選びは不安が尽きないものですが、

1つの基準としてリフォーム瑕疵保険がかけられるかどうか。というものがあります。

みなさんは 「リフォーム瑕疵保険」ってご存知ですか?

 

service5

 

新築住宅の場合、住宅事業者は保険に加入することで、

万が一、倒産した場合でも欠陥を直すための費用を確保することが法律で義務づけられています。

分かりやすく言うと、この保険に入っていれば家を買った後に問題が発覚した場合、

通常は業者に直しを依頼しますが業者が倒産してしまった時や理由を付けて対応しない場合は、

その業者に代わって家を直すお金を保険金で負担してくれます。

 

実はリフォームにも同じように「リフォーム瑕疵保険」というものがあるのですが、

義務ではなくこの保険に入るか入らないかはリフォームをする人の選択ということになります。

しかし、この保険の存在自体が消費者にあまり知られていないためほとんど利用されていないのが実情です。

業者側も工事検査に通らなければならなくなりますし、手続きが面倒なためほとんどお客様に

勧めることはほとんどありません。

 

img_4435

 

実はこのリフォーム瑕疵保険は高い工事品質を確保するためには非常に有効な保険なんです。

この保険は、リフォーム時の検査と保証がセットになった保険制度で加入するためには

リフォーム業者が国土交通大臣の指定した住宅専門の保険会社に事業者登録していなければなりません。

まずは誰でも(どんな業者でも)はいれる保険ではないということです。

そして、工事を完了するためには建築士の資格を持ったプロの検査員の検査を通らなければなりませんし、

工事の経過を写真提出することが求められたり資料提出も義務付けられます。

それでも、万が一、工事に不具合があった場合は保険会社が補修費を支払い業者に

補修工事をさせることになります。

さらにリフォーム業者が倒産してしまっていた場合も保険期間内であれば保険会社へ保険金の請求ができ、

その費用で補修工事をすることができます。

 

費用は基本的にリフォームをする人(お客様)が負担する仕組みで、工事金額や検査の回数によって違いますが、

3万円~6万円程度の費用が掛かります。

エビナホームでは、工事内容等により一定の条件に入る場合この「リフォーム瑕疵保険」が無条件に付帯されます。

(その場合の費用は弊社負担です)

このような保険制度が使えるかどうかで業者をチェックしてみるのも1つかもしれませんね。

満足できるキッチンを選ぶために考えてほしい3つのポイント

キッチンを選ぶにもメーカーも種類もたくさんあるので、どこのメーカーのどんなキッチンを選んだらよいか迷いますよね。

今はどこのメーカーも良いキッチンを持っていますが、

以下に満足できるキッチンを選ぶために考えてほしい3つのポイントをまとめましたので参考にしてみてください。

 

1つ目のポイントは、現在の不満を洗い出しそれを解消できるキッチンを選ぶことです。

リフォームする場合には、収納が足りない、使いにくい、作業スペースが狭い、ダイニング側に行きにくいなど、

今のキッチンに使い勝手の不満を感じていて、その不満を解決するために行います。

最近のキッチンは、性能も機能も格段に進化しているため、交換するだけでも大まかな不満は

解決することができるかもしれませんが、より使い勝手が良くなるようにいろいろな面を検討しましょう。

収納面に関しては、引き扉タイプから引き出しタイプに交換するだけでも、手が届きにくい奥のスペースまで

無駄なく使えるようになります。同じサイズであっても、今までよりもたくさん物が入るようになります。

さらに、引き出しタイプの場合は、立ったままでも物の出し入れが可能になるため、使い勝手も向上します。

 

step_intro_pic

キッチン収納については「キッチンリフォームをする際に絶対考えたい収納スペースの話」をご覧ください。

 

2つ目のポイントは、手入れがしやすいことです。

キッチンは、汚れやすい場所なので掃除については必ず考えておきたいポイントです。

汚れが溜まりにくく落ちやすい工夫がある器具や素材を選ぶようにしましょう。

最近は火周りの清掃性も格段に向上していますので、コンロやレンジフードは特に掃除の方法などを

ショールームで確認しておく方がよいでしょう。カウンターやシンクは、ぬめりや汚れが溜まりやすいため、

汚れの溜まる溝や段差が少ない表面の滑らかなタイプは掃除がしやすいです。

ただ、手入れやメンテナンスを重視しすぎてデザインが野暮ったくなってしまったり

かわいくないキッチンになってしまうと日々大切にきれいに使う意欲もそがれてしまうものです。

その辺のバランスなどをメーカーさんや業者さんと相談しながら検討していくのが良いでしょう。

ac6ebc83996b222618854812be32ae3c_s

↑あわせてこちらも確認「対面キッチン3つのポイント」

 

3つ目のポイントとして、長く使えるシンプルなものを選ぶことです。

今のキッチンは清掃性も機能性も良く考えられたものばかりです。そして、各メーカーさんのキッチンも

様々な工夫をして使いやすさを向上させようとしています。ですが、オリジナリティーにこだわるばかりに

複雑な機能や複雑な機構の収納が多くみられます。複雑なものは壊れやすく直しにくいものが多いものです。

実際にそういったものは5年過ぎ10年過ぎたときに壊れてしまい、すでに部品もなく修理することができない

というものも少なくありません。私は設備機器の部分はともかくキッチン本体については

最低20年使えるべきだと考えていますので、あまり複雑で特殊な機能のものはできるだけ避けた方が良いと思います。

それから長年使用したキッチンでよく傷んでいる部分に扉の上部があります。

特にシンク下の扉が水分の影響で傷みやすく表面が剥がれかけていたり膨れてしまっていることがあります。

これも扉の選び方で回避できることがあるので長年使用するという面では気を付けて選びたい部分ですね。

 

5a2fb2f2c15bc6e01adebe23785b7578_s

 

以上3つのポイントを上げてみましたが、やはり私は新築時と違いリフォームの時はせっかく全て自分で選べるのですから

気に入ったものを選んでもらい長く使ってほしいと思っています。

ここにある情報が皆さんのキッチン選び助けになれば幸いです。

優良屋根材アスファルトシングル。あなたも見たことあるはず!

最近増えてきた屋根材でアスファルトシングルという屋根材をご存知でしょうか?

私は自分の家の屋根がアスファルトシングルで施工されているのですが、恥ずかしながらその時まで

名前しか知らず施工されているものを見たのも自分の家が初めてでした。今から8年前になります・・・。

言い訳を言わせてもらうなら8年前はそこまで多くなかった・・・ような気がします。

ですが、ここ最近の新築を見るとだいぶ増えてきてましたね。

002-2

↑アスファルトシングル屋根

 

今までは屋根材のメジャーといえば、昔は瓦、ちょっと前はコロニアルという純国産のものが多かったのですが、

アスファルトシングルはまだ輸入品が大半を占めています。もともと100年以上前にアメリカで開発された製品ということで

歴史も古く北米では広く使用されアメリカではそのシェアが80%以上という優れた商品になります。

 

それでは、どういう製品でどのようなメリットデメリットがあるかをご紹介しましょう。

アスファルトシングルは、ざっくり説明するとガラス繊維を防水シートで覆い表面に石粒などで保護装飾した

柔らかいシート状の屋根材です。他の屋根材との大きな違いはシートなので曲がるということでしょうか。

oc_info

↑ニチハ㈱の製品構造

 

その素材の特性がそのままメリットになっているものが多いですね。

まずシートということで曲がります。曲面はもちろん割と複雑な形状にも追従するので、様々な屋根形状に対応できます。

そして、シートなので軽いことも大きなメリットになっています。最近は耐震性の観点から屋根材には

軽さが求められていますが、アスファルトシングルの重さは坪30kg弱とコロニアルの半分くらいの重さです。

さらに、耐久性及びメンテナンス性も良く、メーカーによれば10年から20年の耐久性が期待できるとのことですが、

実際には30年以上問題なく使用している住宅も多く存在し、ハイグレードな商品では30~40年の保証(制限付き)を

出している商品もあります。

メンテナンスについては、防水シートの上にアスファルトシングル(防水シート)を張っているような施工なので

水に強い上、問題が起きた場合に屋根上の作業でも他の素材のように割れたりすることがないため

修理も容易に行えます。さらに、耐用年数が過ぎてしまうときには、軽量なためカバー工法で重ね張りすることができます。

 

こんな良い事ばかりの屋根材ですが、デメリットもあります。糊張りと釘打ちで張り付けるという特性上、

風圧にまけて剥がれかけている家を見かけることがあります。

ただ、それは施工自体に問題があった可能性もありますので、一概に製品の弱点というわけでないのかもしれません。

大きなデメリットとしてはそのような施工品質も含め施工実績が少なく日本での歴史が浅いということでしょうか。

まだまだ屋根材としてはシェアが少なく経験のある業者が少ないということがあります。

acc81ff52ec8c2f6a9a1d54c50ddb074_s

その他の屋根材については「自分じゃ分からない!屋根メンテナンスの方法とタイミングは?」とご覧ください。

 

使ってみて調べてみてこれほど優れた屋根材が今まで普及してこなかったのには

輸入品というところにちょっと政治的なにおいを感じますが、

今後大きくシェアを拡大していくことは間違いないでしょう。