【お湯が出なくなった!!】

【お湯が出なくなった!!】

というお電話がありました。

ちょっと慌てた感じだったんですが

よくよく聞くとリモコンの電源が入らなくてお湯が使えないとのこと。

この時点で考えられることは

 

①リモコン壊れた。

②給湯器壊れた。

③コンセント抜けてる。

④ケーブルの断線。

 

で以外にあるのが「③コンセントが抜けてる」です。

トップの写真からわかったと思うんですが

今回もコンセントが抜けてリモコンが動かずお湯が出ないという状況でした。

給湯器は電化製品のようなものなので

外部のコンセントにさして電気で動いています。

当然コンセントが抜けたら使えません。

お庭の手入れや掃除なんかをしていてひっかけたときなんかに

抜けてしまうことがあります。

なので、リモコンのスイッチが入らなくなったら

給湯機のコンセントが抜けていないか確認してみてください。

 

別の話ですが、

給湯器のリモコンにエラーが出たり不具合があった時の対処として、

一度コンセントを抜いてみて1~3分くらい待ってから再度さすと直ったりします。

メーカーの修理受付なんかでもとりあえずコンセント抜いてみてください。

的な感じで説明されることも少なくありません。

電化製品はコンセントを抜くことによって一度リセットされるものもあるようで

給湯器の他、エアコン、ウォシュレットなどにも有効な方法なので

もしもの時にはぜひ試してみてください。

 

 

ebinahome_admin その他

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」

最近自分の存在意義についてよく考える。

 

って文字にしたらめっちゃ重い・・・。

いや、そんなたいそうな意味ではないんです。

この会社をやっていて社会のために何ができるんだろうなーと考えます。

 

うちの理念はリフォームという手段を使って

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」提供し続ける。ということなんですが

東日本大震災の経験をして安心があってこそ笑顔が生まれるんだということを痛切に感じました。

安心して戻れる家があり、そこに自分の居場所がある。

そんな普通のことがベースにあってそれが守られているからこそ

心から笑顔になることができる。

僕がやっている仕事で、そのベースになっている部分を守る手助けができる。

「だったら、微力かもしれないけどやらずはいられないでしょ!!」

という思いがあるので、今は自分で簡単にできることから始められる

地震対策のセミナーや勉強会を開催しています。

 

大きなことはできないけど知識はありますから!!

今まで耐震リフォームもいろいろやったし、助成金も受けたし!

ただ耐震補強とか耐震リフォームはやった方が良いけど

コストも時間もかかるから誰にでも簡単にやれるもんじゃないですよね。

やれる人は絶対にやるべきだけど、そこまでできない人でも

日ごろの意識や心構えでいざという時の対応はずいぶん変わってきます。

セミナーでは「救助される側じゃなくて救助する側に!」という考え方の大切さを

感じていただけたらと思っています。

 

直近のセミナー情報

 

この時期(3月)になると地震のことが多少話題になりますが

やっぱり時間がたつと意識が薄れていくもので、震災の衝撃を知りつつも

「まあまだ大丈夫かな、まだ来ないかな。」という空気になってしまいます。

なので、もう一度当時のことを思い出して、過去を糧にできるような

取り組みを微力ながらやっていければと思っています。

 

 

自分は海老名在住なのでやっぱりこの街の減災の取り組みは気になるし

仕事中に地震があったら家族と離ればなれになるかもしれない。

だったら、この街の被害はできるだけ小さくしたいという手前勝手な気持ちもあります。

ということで、自分にできることは今まで得た知識を使って

この地域の減災の役に立つことかな。

 

気になったらこちらもどうぞ「防災と住まいの地震対策」

 

 

 

「まちゼミ」の無料講座がすべて終了しました!

今月は4日間にわたり「水廻り見積もり勉強会」と「今すぐできる!地震対策」

と2つの講座を2日ずつ海老名商工会主催の「まちゼミ」でやっておりましたが

昨日、全講座が無事に終了し出席された方からは満足のお声を頂き安心しております。

3月からは店舗または市内各所にてこのような講座を開催していきますので

ご興味がある方はご参加いただけると嬉しく思います。

 

 

講座は、少人数制で5~6名程度の講座になっており

気軽に質問いただけるような流れでやっておりますので

(まちゼミでは時間の都合上、全員とはいきませんでしたが・・・。)

ご質問いただければ参加者様の状況に置き換えてのレクチャーなどもお話しできます。

なので、講座7割、個別相談3割という感じでコミュニケーションを取りながら進めております。

ただ、しっかりと相談したいという方には

その後の個別相談もご用意しておりますので別途ご相談ください。

 

今後の予定につきましては、ホームページ等で開催をご報告してまいります。

通常、月の下旬に次月の予定を公開しておりますので

よろしければチェックしてみてください。

体験イベント「はじめよう!海老名工房」開催しました!

以前から告知させていただいていたイベント

「はじめよう!海老名工房」を開催しました!!

まず、ご来場いただきました皆様に感謝申し上げます。

第1回目の開催ということで若干バタバタしてしまい

参加された方にはご迷惑をおかけしてしまいました。

次回は、体験の方法や時間設定などよりスムーズに進行できると思いますので

今回いらしていただいた方、また来れなかった方もぜひご参加いただけますと嬉しいです!

しかも、次は3月下旬に開催を予定しておりまして

体験イベントにプラスしてカフェや〇〇マーケットなども開催し

今回よりさらにパワーアップした内容になる予定です!

詳細は決定次第ホームページまたはフェイスブックで告知させていただきますので

チェックしてください!

親子で参加していただいた方もいらっしゃいました。

フォトスタンドや鍋敷きをDIYで作っています!

 

↑鍋敷きにタイル目地を詰めているところ

鍋敷きが意外に時間かかってしまい告知していた予定時間をオーバーしてしまいました。

読みが甘くてご迷惑をおかけしてしまいました。

 

タイルコースタを私の方で少しきれいにしました。

お客様の作品です。センスいいですよね!

 

お隣の豆工房コーヒーローストさんではハンドドリップの体験をしていました。

数種類の豆と数種類のドリッパーから選んでドリップします。

ドリッパーによっても味が変わるそうです。

 

このコースターDIYは評判良かったです!

 

 

ドリップスタンドもDIYで作りました。

ちょっと作業が大変そうだったので次回は少し工夫を・・・。

 

完成品にはご満足頂けて良かったです。

ある方は、家に持って帰ったら

「雰囲気といいサイズ感といいぴったりでした!!」

と報告してくださいました。

 

こんな感じで、第1回目のイベントは何とか成功で終わることができました。

次回はさらにパワーアップして開催しますので

皆さん楽しみにお待ちください!

これならできそうDIY!ドリップスタンド2

昨日に続きもう一つのドリップスタンドをDIYしたいと思います!

こちらは結構しっかりした感じです。

 

材料は上のものになります。

 

まず板を固定するためのダボを入れる穴を開けるため

場所をマーキングしてもらいます。

こちらは、豆工房コーヒーローストのオーナー加藤さんに作っていただきました。

 

上のようにチェックしていきます。全部で12か所になります。

 

開け終わったら穴に少量のボンドを入れます。

 

木ダボを差し込み、トントンたたきます。

 

3枚の板をジョイントしていきます。

板がコの字に組みあがったらカットした棒を上部に差し込みます。

 

これで完成です。後で塗装します。

 

こんな感じで使いますよ。

これはエビナホーム×豆工房コーヒーローストで毎月開催するDIY体験イベントで

作っていただけますので希望者はホームページまたはフェイスブックの告知を

チェックしてください!!!

 

 

これならできそうDIY!ドリップスタンド

昨日に引き続きDIYです。

こちらも今度のイベントで作る雑貨の一つで

「トリップスタンド」です。お隣の豆工房コーヒーローストさんの指導で

製作してますので、完成度高いはず!!

 

この材料で作ります。あと調整部材等

 

まずこんな感じにカットします。

 

 

ドリッパーを置く部分をカットするので板に図を描きます。

最低60角以上でくりぬきます。

 

のこぎりとカッターて丁寧に切り抜きます。

切り落としの部材も後で使いますので捨てずにキープします。

 

0

もう一つの部材を25㎝程度にカット、穴をあけます。

 

ダボを差し込み固定します。

この時いくつかの高さに穴をあけておけば高さを変えられるスタンドになりますよ。

 

切り落としの部材を使い先ほどの板を固定します。

こうしておけば、さすだけである程度安定するので組み立て式としても使えます。

今回はより安定させるために、全部ボンドで固定。

 

上の棚をダボに引っかかるように差し込み、パタパタと組み立てるとこんな感じ。

2杯同時に落とせるドリップスタンドの出来上がりです。

 

これならできそうDIY!タイルコースター

今度イベントで皆さんに作ってもらうタイルコースターを

サンプルで作ってみました。

同じ作り方なのでフォトスタンドもあわせて載せます。

 

 

まずフォトスタンド、コースターともに仮レイアウトを作ります。

ここが一番時間がかかるところです。

 

レイアウトができたら、スマホなどで写真を撮ります。

せっかく作ったのですが一度タイルをよけます。

 

接着剤で(コースターは両面テープでも可)張り付けていきます。

フォトスタンドはこれで完成ですね。完成写真は最下部に。

 

目地材を練ります。水を少しづつ加えて、耳たぶくらいの柔らかさになるまで

ヘラで水を加えて練っていきます。

 

こんな感じです。少しやわらか目の方がやりやすいかも

 

コースターの上にべちょっとのせてヘラで押し込んでいきます。

 

隅っこは手を使ってもOKです。

少し乾燥させた後、スポンジを湿らせてふき取っていきます。

 

こんな感じでタイルの上についている目地をふき取っていきます。

 

これで完成です。

イベントではこちらをDIYで作りますので

皆さんもよろしかったらご参加ください!

「花粉の季節」リフォームでできることってある?

実は、明日病院に行きます。

花粉の薬もらいに・・・。

遂に今年もこの季節がやってきた。早めの対処が必要です。

海老名もがぜん花粉が飛んできそうです。

 

うち(家)の場合、家族で花粉症なのが私だけなもので

妻はガンガン洗濯して外に干してました。

ここ何年かでようやく部屋干ししてくれるようになりましたが

元々きれい好きの妻は何が我慢できないのかわからないですが

こっそり枕カバーやシーツを洗って外に干したりします。

いやいやバレるでしょ!普通に。

 

そんな春の日がこれからやってくるのですが

ここで大活躍するのが室内干しのスーパーヒーロー

川口技研の「ホスクリーン」

 

 

天井に受け材を取り付けそこからパイプのような吊り輪を下げます。

当然その受け材はパイプを通すために2個つけます。

そして、吊り輪の輪に物干しざおを通し洗濯物を干すわけです。

使っていないときはその吊り輪と取り外せるので結構すっきりするかな。

つける場所(天井)にはある程度強度が必要なのでどこにでもつけられるわけじゃないけど

場所にこだわらなければわりと簡単につけられます。

浴室乾燥機も使っていますが、それだけだと量的に全然間に合わないので

室内干しアイテムは必須ですね。

ご入用の際はぜひぜひエビナホームまでご連絡ください!!(笑)

 

こんなのもあります↓

 

花粉を家に入れないための花粉症対策商品はいろいろありますが

正直どこまで効果があるかには、自信が持てないものが多いんですよね。

何年か前から出始めた花粉対策網戸なんかも80%の花粉をシャットアウトするそうですが

そもそも、家に侵入する花粉のうち40%は家の出入りや衣服つたモノが入ってきています。

60%が換気によるものと言われているんですが、

ある大手企業の実験によると、窓全開で入ってくる花粉の量を100とすると

網戸とレースのカーテンを併用すると50%の花粉の侵入を防ぐことができるそうです。

ということは、家に入ってしまう花粉を100とすると、そのうちの40は出入りで入ってきてしまい

のこり60のうち100%が窓からの侵入とすると(換気扇などがあるのであり得ないですが)

網戸とカーテンだけで60を30にできるということです。

例えばこれを花粉症対策網戸にすると60が48になるわけですが(網戸が100%の効果を発揮したとして)

家の中の花粉100のうち花粉対策商品の力って・・・「18しか変わんないじゃん!!」

って思ってしまう私は小賢しい人間でしょうか?

 

くだらない計算をしてくだらないことをつぶやいてしまいました。

 

 

 

2/18(土)イベント開催!「はじめよう!海老名工房2017」

2/18(土)開催!

「はじめよう!海老名工房2017」

住まいと生活に積極的に関わり自分で「やること」「作ること」の楽しさを感じませんか?

体験したことを取り入れ普段の生活を「ちょっと豊か」にしてみましょう!

 

普段買って済ませているものを自分で作ってみると思いがけない満足感や充実感、

さらには今までなかったコミュニケーションが生まれるということを多くの人に体験してほしい!

もしかしたら「ホントはやってみたいんだけどどうやって始めたらいいかわからない」という方も多いんじゃない?

という2人のオーナー(店舗が隣同士なんです)の同じ思いから

『エビナホーム×豆工房コーヒーロースト』がタッグを組み

そんな方の背中を押させていただく体験イベントを企画しました。

そして、その体験がちょっとだけ普段の暮らしを豊かにする手助けになります。

 

内容

 

【はじめよう!かんたんDIY体験】

刃物を使わず簡単に作れる小物やドリルで穴をあけたり塗装をしたりする

ちょっと凝った小物を製作していただきます。

どれも日常ですぐ使えるものばかりですので作って楽しんで使って楽しんでいただけます。

製作費をご確認ください。

①コースター 製作費 1個300円 作業時間30分~40分

 

②タイル写真たて 製作費 1個500円 作業時間30分~40分

 

③タイル鍋敷き  製作費 1個1000円 作業時間30分~40分

 

④ドリップスタンド 製作費 1個2000円 と 1個3000円 のものがあります

※ドリップスタンドは各5台計10台のご用意となりますので、

絶対作りたい!という方は予約を頂ければお取り置きいたします。

 

 

【はじめよう!ハンドドリップ体験】

ハンドドリップの美味しい淹れ方を体験していただきます。

参加費 500円(お土産代含む)

 

 

日 時: 2017年2月18日(土) 10:00~16:00

場 所: 海老名市国分北1-41-5 エビナホーム・豆工房コーヒーロースト両店舗・店頭にて

(駐車場は4台ご用意しております)

定 員: 各体験に予約は必要ありませんが材料に限りがありますので、

材料が無くなった場合には終了とさせていただきますことご了承くださいませ。

    ※ドリップスタンドは各5台計10台のご用意となりますので、

    絶対作りたい!という方は予約を頂ければお取り置きいたします。

参加費: 上記に記載

連絡先: イベントについてのご連絡はエビナホームまたは豆工房コーヒーローストまでご連絡ください。

エビナホーム 046-292-0477

豆工房コーヒーロースト 046-240-0229

 

 

 

 

これならできそうDIY!ソファのウェービングテープの張替え

身内からの相談。

「ソファのお尻のところが下がっちゃって・・・なんとかならない?」

という話。

私「家具屋さんでやってくれるんじゃない?」

「もう長く使ってるからプロに頼むほどでもないんだよね~」

私「いつでもいいならやってあげようか?その代りノークレームノーリターンでお願いします」

「ほんとに?助かるー!!!」

という感じで、ソファーのヘコミを直すことに。

見てみると確かにべっこり凹んでました。

ソファにはいろいろなタイプがありますが

クッションの下にウェービングテープというテープを格子状に張り

それを四方に引っ張ることによってテンションをかけ座面を支えているものでした。

ということで今回はウェービングテープの張替えに挑戦です。

 

 

使う道具はこんな感じです。

 

 

ソファの座面の下にあるウェービングテープが張ってある部分を取り外し

 

 

古いカバーとテープを取り外します。

タッカーのピンを一本一本はずしていくのが結構手間ですがここはきれいに行きましょう。

 

 

全てのピンをはずしたらテープを張る位置にマーキングしていきます。

テープは50mm幅のものを使用しています。

50㎜のテープを50㎜の隙間をあけて張っていきます。

 

 

まず片側をマーキングに合わせてタッカーで止めます。

1か所に10発くらい打ち込む感じがよさそうです。

片側を止めたらテープを反対側に引っ張り軽く張った状態から

50㎜~70㎜程度さらに引っ張り込みタッカーで止めます。

 

 

これは写真を撮る都合上床に置いてますが、

実際は台の上に枠を置き足などでがっちりホールドしてテープを引っ張り込みます。

テープを斜め下方向に引っ張ると力が入りやすくタッカーで止めやすいです。

結構力がいるとこで、けがをしやすいところなので気を付けてやりましょう。

張っり終わったら適当な長さにカッターでカットします。

 

 

まず一方向を全面張ります。

その後、テープをくぐらせながら直行方向を貼っていきます。

 

既存のカバーを張りなおして完成です。

ということで、結構待たせてしまいましたが完成品をお届けしました。

 

「なんか少しは張りが弱くない???もうちょっと堅い方が好きなんだけど」

私「・・・・・・ノークレームノーリターンでおねがいします。」

 

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!