窓のカギの交換。あのくるっと回るやつ・・・

サッシ窓についてる鍵

みなさんはあいつの名前をご存知でしょうか?

あのくるっと回して鍵をかけるやつです。

 

名前は「クレセント」といいます。

なんでその名前なのかっていうと、クレセントって英語で三日月のことですよね。

おそらくその形状からそう呼ばれているんじゃないかと。

 

このクレセント、20年くらいたつと結構不具合が出ます。

堅くなったり、ゆるんだり、建付けが悪くなって閉まらなかったり・・・。

みなさん困って連絡いただくこともちょいちょいあるんですが、

調整などで結構簡単に直ることもあるんです。

それから、窓を交換しないと直らないと思っている方も

少なからずいらっしゃるんですが、

クレセントだけも交換できますのでご安心ください。

だた、お使いのサッシが不二サッシ製の場合は少し注意が必要です。

不二サッシは確か一番最初にサッシを作った老舗メーカーだったのですが

現在は、住宅サッシからほぼ撤退していて部品供給が止まっています。

ただメンテナンスに対応した製品はや部材がありますので

交換対応ができる商材もあります。

まぁ要するに

「不二サッシの場合は見てみないと分かんないよ」ということです。

 

先日も、上記のようなケースでご相談をいただき見てきましたが

今回は交換対応ができそうでした。

 

どうしても築年数がたつとサッシの立て付けは悪くなり不具合が出たりします。

そんなときは、とりあえずご連絡くだされば解決できることも多いと思いますよ!