そろそろエアコンクリーニングか・・・


少しずつ暖かくなってきましたね。

西向きに窓がある当店舗では午後2時以降になると店内はだいぶ気温が上がり暑くなります。

このままでは冷房をかけるのも遠くはないなーと感じる近頃の陽気。

この時期はエアコンが本格的稼働する前のクリーニングの問い合わせが増えてくる時期でもあります。

 

ということで、今回は

「エアコンクリーニングってそもそもやった方が良いの?」

というところからお話ししていきたいと思います。

まぁ 結論から言うとエアコンクリーニングは定期的にやった方が良いです。

それは、エアコンから噴き出してくる空気が臭くなってくることからもわかると思います。

においの原因はいろいろありますが、一番不快なにおいはかび臭いことではないでしょうか?

当然かび臭い原因は内部に繁殖しているカビが原因です。

このことからも定期的なクリーニングは必須と言えます。

内部をクリーニングすることでエアコンの効率も上がりますしね。

 

「じゃあいつやったらいいの?毎年?」というご質問を頂くことも多いです。

もちろん毎年やっていただくのは非常にいいと思います。

ただ、必ず毎年やらなきゃいけないかというとそれは環境やお部屋によって違います。

多くの業者さんは毎年のクリーニングを進めると思いますが、

実は数年使用してもほとんど汚れが出ていない場合もあれば

一年でカビが生えてしまう場合など環境によって様々なんです。

じゃ どうやったらタイミングがわかるか??というと

単純な話しニオったらやった方が良いんですが、

その時点ではすでに結構汚くなっていたりするのでちょっと遅いですよね。

しかも、臭いならだれでも気づくでしょ!ってもんです。

 

 

まずエアコンシーズンの前後などにチェックしていただきたいのが

エアコンの送風口から中をのぞき

「奥にあるファンやその周辺が黒くなっていたりカビがついていないか?」です。

もし汚れはじめていたら(黒くなっていたら)クリーニングのタイミングです。

その奥にあるシロッコファンの廻りはカビや汚れが一番顕著に出てくるところなので、

そこの部分をチェックしてください。

場合によっては吹き出し口のフィンにもぽつぽつとカビが生えていることもあります。

 

毎年やっている方はチェックするまでもないと思いますが

いつやったらいいかわからないよーという方は参考にしてみてください。

奥のファンがカビだらけだと最悪の場合

風でカビを送り出していることにもなりますので・・・。

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

 

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!