窓のカギの交換。あのくるっと回るやつ・・・

サッシ窓についてる鍵

みなさんはあいつの名前をご存知でしょうか?

あのくるっと回して鍵をかけるやつです。

 

名前は「クレセント」といいます。

なんでその名前なのかっていうと、クレセントって英語で三日月のことですよね。

おそらくその形状からそう呼ばれているんじゃないかと。

 

このクレセント、20年くらいたつと結構不具合が出ます。

堅くなったり、ゆるんだり、建付けが悪くなって閉まらなかったり・・・。

みなさん困って連絡いただくこともちょいちょいあるんですが、

調整などで結構簡単に直ることもあるんです。

それから、窓を交換しないと直らないと思っている方も

少なからずいらっしゃるんですが、

クレセントだけも交換できますのでご安心ください。

だた、お使いのサッシが不二サッシ製の場合は少し注意が必要です。

不二サッシは確か一番最初にサッシを作った老舗メーカーだったのですが

現在は、住宅サッシからほぼ撤退していて部品供給が止まっています。

ただメンテナンスに対応した製品はや部材がありますので

交換対応ができる商材もあります。

まぁ要するに

「不二サッシの場合は見てみないと分かんないよ」ということです。

 

先日も、上記のようなケースでご相談をいただき見てきましたが

今回は交換対応ができそうでした。

 

どうしても築年数がたつとサッシの立て付けは悪くなり不具合が出たりします。

そんなときは、とりあえずご連絡くだされば解決できることも多いと思いますよ!

 

住まいに季節のいろどりを

十五夜(中秋の名月)

私が子供の頃は母が団子を作ってくれて皆で月を見ながら。

あの影がウサギで餅をついているんだよと教わったものですが、

最近そんな事をしている家庭の話はあまり聞きませんね。

 

段々と日本の親から子へ伝えていくという風物詩が

なくなっているのかなと寂しく思います。

 

十五夜とは、

満ち欠けする月の様子や作物が月の満ち欠けとともに成長することから、

農作物の収穫・ものごとの結実・祖先とのつながりなどを連想し

感謝し祈るようになったのが十五夜の由来とされています。

十五夜は必ずしも満月ではないようです。

それは現在、旧暦と太陽の動きを基準にしているため

暦にズレが生じるからだそうです。

 

 

今年の十五夜は10月4日で満月は10月6日だそうです。

十五夜に窓の傍にテーブルをずらして月を見ながら

「あーあれがウサギか」とか思いながら

また子供に教えながら食事やおやつ等を楽しんではいかがでしょうか。

 

その時期に、すすきを玄関に飾ったりするだけで季節を感じることができ

暮らしにいろどりが生まれますよ。

今日は防災の日。

9月1日は防災の日ですね。

我が家では、3月11日と9月1日は

災害が起きたときの家族の行動の確認や

防災グッズなどの点検の日にしています。

 

「あー防災の日だ。そーなんだ。気を付けないとねー。」

で終わるのではなく、いろいろなことを確認する日にしたいですね。

 

そういえば今月の海老名市の広報には

避難所と避難場所の違いについての記事が掲載されていました。

 

 

みなさんは最寄りの避難場所をご存知ですか?

通常は避難場所には雑賀時に避難所が設置されます。

災害時にはそこで配給などが受けられたりします。

必要な方は福祉避難所という場所もありますのであわせて確認しておきたいですね。

災害時の様々な対策やシステムがありますが

知らなければ利用できないものもあります。

いざという時に、自分や家族がどうすべきかを考えて

お互いに共有しておくことは非常に重要です。

ぜひ、この機会にいろいろと確認しておきましょう。

 

 

海老名市では、防災時の資料を配布しています。

防災ガイドや防災マップやハザードマップ各種はお手元にありますか?

もしなければ、これを機に手に入れることをお勧めします。

 

 

過去に書いた防災対策についての記事です。こちらをクリック!

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!

うちは大丈夫かな??防犯対策の話2

昨日は少し長くなってしまったので

今日は続きを書かせていただいてます。

前回は窃盗の侵入手段として最も多いのが

鍵の開いている窓またはドアから入るということでした。

次に多い侵入手段はガラス破りで36.9%になります。

主にクレッセントといわれる窓のカギ付近を割り鍵を開けて入ります。

これについての対策は防犯ガラスや防犯フィルム、窓の上下につける補助錠です。

ある程度の防犯性能のある開口部にはCPマークが付き窃盗犯に対してもアピールになります。

 

↑このマークは様々な侵入攻撃に対して5分間以上防御することができるか

実際に試験しクリアしたものだけに使用が許されるマークです。

 

鍵をかけることと開口部の対策で侵入窃盗の8割を防ぐことができます。

今一度ご自宅の状況を見直していただき、防犯の助けになればと思います。

 

あと一つお伝えしたいことは、防犯にはご近所や地域とのかかわりが大変重要だということです。

想像もできないような犯罪が起きる昨今の状況から、挨拶をしないようにしたり、

とかく他者との関わり合いを避ける傾向がありますが、

それは逆に犯罪を助長することになってしまうかもしれません。

 

「犯罪者が一番嫌がるのは、地域の連帯と信頼感だといいます。

犯罪者の多くは、入念な準備や巧妙・凶悪な手口で個人を狙います。

しかし、地域住民が信頼し合い、結束し、「犯罪は許さない!」という姿勢を見せることが、

大きな防犯効果を生み出すのです。侵入犯罪者の約6割が

「声をかけられたので犯行をあきらめた」と答えています。

近所づきあいが活発で、地域コミュニティがしっかりとしているまちは、

犯罪に強いといえます。」(警察庁の記事より抜粋)

 

普段からご近所づきあいを深め、旅行など長期不在にするときは、

隣近所へ声をかけ合ったり、郵便物・新聞などの配達を止めるなどの注意も重要です。

過去の出来事から考えてもご近所や地域へのかかわりが

防犯や防災に役立つことは明らかなので、このようなことも心がけたいですね。

 

侵入窃盗による被害で最も多いのは1~10万円の被害額と大きくはありません。

しかし、侵入窃盗は思いがけず強盗や殺人につながってしまう可能性もあります。

一軒でも多くの被害を減らしましょう!!

 

前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ

 

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!

うちは大丈夫かな??防犯対策の話

先月、防犯の業者さんと「お金のかからない防犯対策」というセミナーを

上今泉自治会館で行いました。

評判は上々。

 

 

毎年必ずどこかで起こる住宅の侵入窃盗について、

少し知っているだけで防げることやちょっと気を付けるだけで防げることはたくさんあります。

起こってから悔しい思いをするよりも今から対策を行いましょう!!

以前のブログでも描きましたが、今一度ご注意いただければなーと思います。

 

以前のブログはこちら海老名でも空き巣被害!鍵の防犯対策

 

ということで、今どのくらい窃盗被害があるのかを知っておきましょう。

少し古いデータですが平成27年は46,091件と

一日当たり約126件もの住宅に対する侵入窃盗が発生しており、

未だ多くの住宅が被害に遭っているのです。

これをもとに都道府県別にランキングしたデータがあるのですが

私たちが住んでいる神奈川県は何位くらいだと思いますか?

ワーストで考えてくださいね。

 

ワースト7位です!!人口の多さもありかなりのワースト上位ですね。

 

では、侵入手段はどうでしょう。最も多い侵入手段わかりますか?

いろいろ話に聞くピッキングやドアのこじ開け、窓ガラスを割ったり切ったり・・・とありますが、

警察庁の平成27年のデータでは最も多い侵入手段は「無施錠」で46.5%なんです。

そう、要するに侵入窃盗の約半分は鍵がしまっていないドアや窓から入って行っているんです!!

どんなに防犯性の高い鍵を付け、CPマーク(大雑把に言うと防犯性が高いということ)のついている

窓サッシを採用していても鍵かけてなかったら意味ないですよね??

まず皆さんにはこの事実を知っていただきたいと思います。

 

窃盗犯の多くは下見をするといわれています。

あなたの普段の生活をチェックしているわけです。

「あの家はゴミ捨ての時に鍵をかけないんだな…」とか

「あの家は洗濯物を干している午前中は窓に鍵をかけないんだな…」などなど。

そういう細かいところをチェックされて窃盗に入られるわけです。

なので、防犯対策としてまずしていただきたいことは

「自分も狙われているという自覚を持つ」ということです。

そして、短い間でも必ず鍵をかけるという習慣をつけてください。

 

長くなってしまったので、この辺で・・・

次回は「無施錠の次に多い侵入手段」をお話ししていきます!!

キッチンに自分の好きなものを

陶芸を始めて十数年がすぎました。

腕の方はちっとも上がりませんが、何故か自作の器に愛着が芽生えます。

そんな器が並んでいると不思議とキッチンが華やいでくるんですよ。

 

 

このカップでお茶・水・コーヒー・お酒にと自由に使ってますが、

なんとなく美味しく感じてしまいます。

キッチンでこの料理にはこの皿を使うとか、

このカップでお酒を飲もうとか考えてる時がとても楽しいんです。

 

 

自分の好きなものを1つ置いてみる・・・

それだけで、キッチンに立つことが少し楽しくなります。

 

こんな器でも貰ってくれる方がいて、また作ろうと意欲がわくんです。

誰でも何か趣味を持つ事は生活の励みだったり癒しだったり、

また同じ趣味の仲間との会話があって続けてこれたのかなぁと思っています。

 

 

narita

DIYイベント「第4回海老名工房」はお日柄も良く。自家製レモネードがおいしい!!

昨日は、エビナホームとコーヒーロースト主催

「第4回はじめよう!海老名工房」にご来場いただきありがとうございました。

DIYワークショップは、今まではフォトスタンドが多かったのですが

今回はタイルコースターを製作される方が多く

親子で製作にチャレンジした方もいたりして楽しく進めることができました。

 

 

皆さんそれぞれに色とりどりのコースターを作られてましたよ。

一部ご紹介させていただきます▼

 

 

店頭では、お昼までは手作り弁当の「彩」さんがお弁当を販売。

午後はコーヒーロースさんが自家製ドリンクを販売していました。

青空の下でアイスコーヒーをドリップしたりしてたんですよ!

 

 

 

今回人気だった「朝どれたまご」と「新玉ねぎ」

いつもイベント限定の特選品をご用意しています!

 

 

このイベントも4回目にして

リピーターのお客様にも来ていただけるようになり嬉しい限りです。

次回は、7月に「はじめよう!海老名工房 祭り」(仮)の開催を

予定していますので今回来場できなかった方は

ぜひ次回お誘いあわせの上ご来場くださいませ!!

 

 

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!

会社近くのご飯どころ

ゴールデンウィークもいよいよ最終日になりました。

皆さんはこの連休を楽しめましたでしょうか?

当社は明後日から営業開始となります。

 

私は普段お弁当持参で会社や外出先で食べているのですが

たまに、仕事の関係でお昼を外食することがあります。

そんな時は、張り切っておいしい近場のお店を探すわけです。

と言う訳で、リフォームは全然関係ありませんが

海老名(国分北にある会社の近くに限られますが)で

最近行ってオススメだったお店をご報告します。

 

1つ目は、皆さんご存知だと思いますが

「国分寺そば」さんです。

いやーもうここは鉄板でしょう。お昼のセットもお得です。

ただいつ行っても結構混んでますので、

ここに行くときは11:30くらいから動き出すようにしています。

建物のたたずまいも素敵です!一般住宅に取り入れると素敵な和室が作れそうです。

 

2つ目は国分寺そば近くの

「レガーミ」さんです。

ここのパスタも美味しいのですが

セットでついてくるパンがモッチリしていておいしいんですよ。

ここは内装がおしゃれですね~!

塗装の仕上げがしっとりしていて飾られた小物たちを引き立てて素敵です。

木・アイアン・塗装の組み合わせ、これも鉄板ですね。

 

3つめは上今泉にある「宏源居」さんです。

ここはリーズナブルに本格中華が味わえます。

いつもランチセットが4~6種類くらいあるのですが

どれも美味しくてボリューム満点です!

ただメニューが豊富なのでランチセット以外も食べたくなって

なんかしら単品注文したくなるので数人で行くのがいいかもしれません。

 

最近はこの3件で食べさせていただきましたが

他に写真を撮り忘れたお店もあるので、チャンスがあればまたいってご紹介したいと思います。

地元で仕事をするからには、地元のことには詳しくないと・・・

というプレッシャーがあったりする今日この頃

皆さんも海老名でオススメがあればぜひぜひ教えてください!

そろそろエアコンクリーニングか・・・

少しずつ暖かくなってきましたね。

西向きに窓がある当店舗では午後2時以降になると店内はだいぶ気温が上がり暑くなります。

このままでは冷房をかけるのも遠くはないなーと感じる近頃の陽気。

この時期はエアコンが本格的稼働する前のクリーニングの問い合わせが増えてくる時期でもあります。

 

ということで、今回は

「エアコンクリーニングってそもそもやった方が良いの?」

というところからお話ししていきたいと思います。

まぁ 結論から言うとエアコンクリーニングは定期的にやった方が良いです。

それは、エアコンから噴き出してくる空気が臭くなってくることからもわかると思います。

においの原因はいろいろありますが、一番不快なにおいはかび臭いことではないでしょうか?

当然かび臭い原因は内部に繁殖しているカビが原因です。

このことからも定期的なクリーニングは必須と言えます。

内部をクリーニングすることでエアコンの効率も上がりますしね。

 

「じゃあいつやったらいいの?毎年?」というご質問を頂くことも多いです。

もちろん毎年やっていただくのは非常にいいと思います。

ただ、必ず毎年やらなきゃいけないかというとそれは環境やお部屋によって違います。

多くの業者さんは毎年のクリーニングを進めると思いますが、

実は数年使用してもほとんど汚れが出ていない場合もあれば

一年でカビが生えてしまう場合など環境によって様々なんです。

じゃ どうやったらタイミングがわかるか??というと

単純な話しニオったらやった方が良いんですが、

その時点ではすでに結構汚くなっていたりするのでちょっと遅いですよね。

しかも、臭いならだれでも気づくでしょ!ってもんです。

 

 

まずエアコンシーズンの前後などにチェックしていただきたいのが

エアコンの送風口から中をのぞき

「奥にあるファンやその周辺が黒くなっていたりカビがついていないか?」です。

もし汚れはじめていたら(黒くなっていたら)クリーニングのタイミングです。

その奥にあるシロッコファンの廻りはカビや汚れが一番顕著に出てくるところなので、

そこの部分をチェックしてください。

場合によっては吹き出し口のフィンにもぽつぽつとカビが生えていることもあります。

 

毎年やっている方はチェックするまでもないと思いますが

いつやったらいいかわからないよーという方は参考にしてみてください。

奥のファンがカビだらけだと最悪の場合

風でカビを送り出していることにもなりますので・・・。

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

 

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!

メーカー本気の展示会

先日の水曜日に定休日を利用して

ビッグサイトへPanasonicの展示会に行ってきました。

 

いきなりこの大型スクリーンで驚かされました。

人の影から大きさがわかるでしょうか?

今年のPanasonicはムロツヨシと石田ゆり子で行くようです。

この流行りどころをおさえる感じ、さすが一流メーカーですね。

 

今回の展示会では、住宅設備、住宅建材、照明、電化製品など

様々な商品の展示説明またはプレゼンが行われていました。

このダウンライトもΦ65mmのものですが

縁をのデザインを工夫することでかなり小さくすっきり見えます。

 

次は今話題の・・・

 

はい、もうお分かりですね!

戸建て用の宅配ボックスですこちらは2重構造になっているものです。

これで再配達の問題を解消できるとともに

不在の時はもちろん、お子さんに受け取りをしてもらわなくても済むという

防犯上の問題も解消できます。

 

内装材や床材も新商品が続々と出ています。

この辺りは、デザインやカラーバリエーションがどんどん変わっていきますね。

 

ちょっと面白かったのは・・・

 

中は結構狭いですけど、押入れスーペースをエレベーターにっていうのは

とてもリフォーム向きの商品ですね。

 

そしてこちらは、展示販売的にプレゼンをしていました。

IHクッキングヒーターと感震ブレーカーですね。

IHなどは調理実演をしながらIHの特性や上手な使い方などを紹介していたのですが

家でIHを使用している私は、聞いてたら新しいのがほしくなってきました!

 

隣で聞いていた方も(どっかの社長さんだと思いますが)

「こんな営業マン、うちの会社に欲しいなー」とこぼしていました。

私も勉強させていただきました。

 

いやー本当にトークがうまかったですね。

 

会場内はこんな感じですが、あまりの展示の多さにとても見切れませんでした。

見学を通して感じたのは

「お金のかけ方ハンパねーな」ということでしょうか。

大型スクリーンがいくつもありプレゼンターはそれを前にプレゼンをし

小さいブースでは、実演販売のように商品使用しながらをプレゼンし

見学用のブースにはそれぞれ専門のアドバイザー立っている。

その中を少人数グループに分けられた僕らが回るわけですが、

グループに1人僕らをアテンドしてくれるPanasonicのスタッフさんがついて

会場を回っていくという、めちゃめちゃ人件費かかってる展示会でした。

 

いやーほんとに勉強になりました。

一流メーカーの本気の展示会スゴイ!