うちは大丈夫かな??防犯対策の話2

昨日は少し長くなってしまったので

今日は続きを書かせていただいてます。

前回は窃盗の侵入手段として最も多いのが

鍵の開いている窓またはドアから入るということでした。

次に多い侵入手段はガラス破りで36.9%になります。

主にクレッセントといわれる窓のカギ付近を割り鍵を開けて入ります。

これについての対策は防犯ガラスや防犯フィルム、窓の上下につける補助錠です。

ある程度の防犯性能のある開口部にはCPマークが付き窃盗犯に対してもアピールになります。

 

↑このマークは様々な侵入攻撃に対して5分間以上防御することができるか

実際に試験しクリアしたものだけに使用が許されるマークです。

 

鍵をかけることと開口部の対策で侵入窃盗の8割を防ぐことができます。

今一度ご自宅の状況を見直していただき、防犯の助けになればと思います。

 

あと一つお伝えしたいことは、防犯にはご近所や地域とのかかわりが大変重要だということです。

想像もできないような犯罪が起きる昨今の状況から、挨拶をしないようにしたり、

とかく他者との関わり合いを避ける傾向がありますが、

それは逆に犯罪を助長することになってしまうかもしれません。

 

「犯罪者が一番嫌がるのは、地域の連帯と信頼感だといいます。

犯罪者の多くは、入念な準備や巧妙・凶悪な手口で個人を狙います。

しかし、地域住民が信頼し合い、結束し、「犯罪は許さない!」という姿勢を見せることが、

大きな防犯効果を生み出すのです。侵入犯罪者の約6割が

「声をかけられたので犯行をあきらめた」と答えています。

近所づきあいが活発で、地域コミュニティがしっかりとしているまちは、

犯罪に強いといえます。」(警察庁の記事より抜粋)

 

普段からご近所づきあいを深め、旅行など長期不在にするときは、

隣近所へ声をかけ合ったり、郵便物・新聞などの配達を止めるなどの注意も重要です。

過去の出来事から考えてもご近所や地域へのかかわりが

防犯や防災に役立つことは明らかなので、このようなことも心がけたいですね。

 

侵入窃盗による被害で最も多いのは1~10万円の被害額と大きくはありません。

しかし、侵入窃盗は思いがけず強盗や殺人につながってしまう可能性もあります。

一軒でも多くの被害を減らしましょう!!

 

前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ

 

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!

うちは大丈夫かな??防犯対策の話

先月、防犯の業者さんと「お金のかからない防犯対策」というセミナーを

上今泉自治会館で行いました。

評判は上々。

 

 

毎年必ずどこかで起こる住宅の侵入窃盗について、

少し知っているだけで防げることやちょっと気を付けるだけで防げることはたくさんあります。

起こってから悔しい思いをするよりも今から対策を行いましょう!!

以前のブログでも描きましたが、今一度ご注意いただければなーと思います。

 

以前のブログはこちら海老名でも空き巣被害!鍵の防犯対策

 

ということで、今どのくらい窃盗被害があるのかを知っておきましょう。

少し古いデータですが平成27年は46,091件と

一日当たり約126件もの住宅に対する侵入窃盗が発生しており、

未だ多くの住宅が被害に遭っているのです。

これをもとに都道府県別にランキングしたデータがあるのですが

私たちが住んでいる神奈川県は何位くらいだと思いますか?

ワーストで考えてくださいね。

 

ワースト7位です!!人口の多さもありかなりのワースト上位ですね。

 

では、侵入手段はどうでしょう。最も多い侵入手段わかりますか?

いろいろ話に聞くピッキングやドアのこじ開け、窓ガラスを割ったり切ったり・・・とありますが、

警察庁の平成27年のデータでは最も多い侵入手段は「無施錠」で46.5%なんです。

そう、要するに侵入窃盗の約半分は鍵がしまっていないドアや窓から入って行っているんです!!

どんなに防犯性の高い鍵を付け、CPマーク(大雑把に言うと防犯性が高いということ)のついている

窓サッシを採用していても鍵かけてなかったら意味ないですよね??

まず皆さんにはこの事実を知っていただきたいと思います。

 

窃盗犯の多くは下見をするといわれています。

あなたの普段の生活をチェックしているわけです。

「あの家はゴミ捨ての時に鍵をかけないんだな…」とか

「あの家は洗濯物を干している午前中は窓に鍵をかけないんだな…」などなど。

そういう細かいところをチェックされて窃盗に入られるわけです。

なので、防犯対策としてまずしていただきたいことは

「自分も狙われているという自覚を持つ」ということです。

そして、短い間でも必ず鍵をかけるという習慣をつけてください。

 

長くなってしまったので、この辺で・・・

次回は「無施錠の次に多い侵入手段」をお話ししていきます!!

海老名でも空き巣被害!鍵の防犯対策

一向になくならない空き巣被害。

海老名でも毎年一定数はあるようです。

以前は私の住んでいる今里、社家エリアでも流行ってました。

そう、空き巣ってはやるんです。

1回「空き巣」が発生すると、近隣の地域で一定期間に数件やられる傾向があります。

近所で空き巣の話を聞いたら皆さん気を付けましょう。

先日、お客様から知り合いが空き巣に入られたと聞きました。

(もちろん海老名にお住まいの方です)

どうやら不在時に鍵をこじ開けられたようです。

 

空き巣の侵入経路にはについては以前書かせていただきましたが、

「防犯」未然に防ぐその意識←チェックしてみてください。

玄関のドアから侵入されるのは1割強と意外に少ないんですね。

とはいえ、やられていることに変わりはないです。

 

今回の「こじ開け」という手口は、玄関ドアとドア枠の間に数mmの隙間がある家で使われる手口です。

少し前の家だと、玄関ドアと枠の間に3~5mm程度の隙間が空いているものがあります。

隙間にバールを突っ込んでこじ開けます。技術不要、誰でもできます。(←ちょっと極端かも)

日本の玄関ドアは通常外開きですので、

テコの原理でこじ開けるとそんなに力はいらないそうです。

これに対抗するには、鍵の数を増やす。現在はツーロック(2個)が主流です。

それから、玄関ドアと枠の間の隙間を隠すガードを付けます。

もしくは、玄関ドアを交換して現在主流のものに交換してしまえば

ディンプルキーという防犯性能の高い鍵がツーロック(2個付き)で

ドアガードもついていてドアも頑丈になっています。

(ピッキングやバンピングなど他の開錠方法にも対応しています)

 

 

空き巣は入りやすいところから入ります。

入るのに時間がかかりそうな家、対策をしてそうな家には入りにくいものです。

防犯においては、「外に向けてうちはしっかり防犯対策してますよー!!」と

アピールするのが有効です。

鍵が1個の家より2個の方がアピールしているということになります。

かつそれがディンプルキー(防犯錠)でドアガードもついていて

さらに、警備会社のステッカーが貼ってある。(窓も対策してある)

空き巣もそんな家には入らないと思います。

 

大事なことを忘れていました・・・。

防犯対策も大事ですが、鍵のかけ忘れにはご注意ください。

侵入経路はたくさんありますが、侵入手段、要するに場所はともかくどうやって入ったか

で数字を見てみると実に4件に1件程度が「鍵の無施錠」ではいられています。

買い物、ゴミ出し、ゴミ捨て場の掃除などすぐに終わると思って出たら

知り合いに声かけられて気づけば30分というようなケースに入られたりもします。

それから、アパートの2~3階やマンションの上層階など

「窓開けといても大丈夫でしょ?」という感じで無施錠のお宅もありますが

結構狙われているので注意が必要です。

 

盗られるものが金銭だけならいいですが、空き巣と鉢合わせして

思わぬ被害にあってしまうこともあるものです。

何か不明な点や相談などありましたらエビナホームでも受けておりますので

気軽にお尋ねください。

十分注意して、被害にあわないようにしましょう。

 

 

 

「防犯」未然に防ぐその意識

昨日オープンしたての店舗を見て

ALSOK(アルソック)の方が来店されました。

お店のセキュリティーとホームセキュリティーの営業だったんですが

海老名や周辺市でも空き巣被害増えているみたいですね。

その辺の話を聞きつつ、ついでに

最新のセキュリティー事情など勉強させていただきました。

私も仕事がら防犯対策についてご質問をいただくこともありますので

簡単にご説明したいと思います。

まず、空き巣が増えているとは言いますが

どこから入ってくるのでしょう?

侵入経路について県の情報では、

窓(居室・バルコニー)からが 54%と半数以上、

表出入口(玄関)からが13%、その他出入口8%、

その他及び不明24%となっています。

そしてその手段は、ガラス破り51%、

無締り25%、焼切り合鍵6%、その他不明17%と

窓からという進入経路からも分かるように

やはりガラスを割ってが圧倒的に多かったですね。

意外に多かったのが「無締り」つまり鍵のかけ忘れですね。

侵入手段の1/4が無締りというのは驚きでした。

県警では、侵入防止のポイントとしてゴミ出しや回覧板など

園バスの送迎時など少しの間でも必ず戸締りをすることや、

トイレの小窓などもしっかり戸締りをするなど上げています。

戸建ての方は階上の窓も要注意です。

そして外出時や就寝前にもう一度戸締りの確認をする癖を

つけることを推奨していました。

 

僕も近所の方が玄関の鍵穴に鍵をさしっ放しにしているのを

教えてあげたことが2回ありますし、

回覧板をまわしに玄関を開けたまま出て行ったら

玄関の貴重品を盗まれたという方もいました。

 

ちょっとした注意と防犯意識を持つだけで

防げることはたくさんありますので、

ご家族で再度防犯意識について確認してみてはいかがでしょうか。

それから、窓への対策としては防犯フィルムなどで

防犯性を高めたりクレッセント錠のほかに

補助錠を設置するなどがあります。

玄関の対策としては、補助錠をつけるなどです。

できれば主錠には防犯に強い錠をつけるのをお勧めします。

どのような商品があるかについては、

基準のひとつとして「CPマーク」がついている商品を

チェックし見るのも良いかと思います。

 

「CPマークとは、警察庁・国土交通省・経済産業省と民間関係団体で

構成される「官民合同会議」が行う厳しい試験にパスし、住宅などの

侵入に5分以上耐えられると評価された防犯性能の高い建物部品に

与えられます。」

 

もっと商品の説明なんかもできればと思っていたのですが、

長くなってしまいましたので商品についてはまたの機会に。

ご不明な点などありましたら、ご質問くださいませ。