節水トイレでもうムダな水道代を払わない!

自分の家のトイレは水を流すときにどれくらいの量を流しているか知ってますか?

 

一昔前のトイレでは13リットルの水で便器を洗浄していました。(大の時)

現在の主流は5リットル。

以前のだいたい38%程度の水で流せるようになってます。

設置状況や機種によって4リットルと6リットルっていう商品もあります。

いずれにしろ、だいぶん少なくなりました。

 

僕がこの業界に入った時にはまだ節水トイレなるものは出てませんでした。

確か10年前くらいに当時のINAX(現LIXIL)が6リットルのトイレを出したのが

節水競争の始まりだったと思います。

それを考えるとこの10年で1リットルの節水にしかなっていないわけですから

当時の製品の完成度はかなりのものだったんでしょうね。

さすがトイレ先進国日本!!

一時は海外旅行者が日本のウォシュレットを買っていくということが

結構あったようです。

変圧器かましてまで、本国で使用しているとか・・・。海外は200Vが多いので。

そこまでして、日本のウォシュレットが欲しかったようです。

 

ちなみに、ウォシュレットはTOTOの商品名なので他社製のものは他の呼び方になります。

印鑑のシャチハタみたいなものですね。シャチハタは社名ですよね。

一般的には温水洗浄便座と呼ばれています。

今は温水洗浄便座=ウォシュレットになってますよね。

 

話がそれましたが今日の本題は

一昔前のトイレから現在主流のトイレにするとドンくらい水道代安くなるのって話です。

TOTOさんの計算では

ズバリ 年間14200円です!

水をジャンジャン使う昔のトイレを使っているご家庭は

14200円余計に払っていることになります。

10年で142,000円!!

 

はい。

トイレをウォシュレット付きで交換できる金額です。

さらにお釣りももらえます(笑)。

 

そもそも、トイレの節水は夏に発生する渇水の対策として出てきた経緯があります。

今では、CO2削減にも貢献していますが、

僕たちの生活や環境を守るために生まれてきた商品なんです。

だから、環境にも貢献できます!!!

ということで、興味のある方はご検討されてみては???

 

 

他にも給湯器でお財布にも環境にも優しい頑張らないエコをはじめよう!

 

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!

 

 

ebinahome_admin トイレ

今日はトイレの日でした。

今日はたまたま

おトイレの現地調査に2件

お店へのご来店でおトイレの相談1件と

朝から夕方までずっとトイレの話をしていた気がします。

 

水が詰まったり漏れたりしたら大変な箇所ですから

日ごろからのメンテナンスは大事な部分ですね。

 

トイレリフォームでは皆さんチラシやインターネットでご覧になって

こういうのがいいとか、これを付けたいという希望があるかと思います。

ただトイレについてはご自宅の状況によって

付けられる機種(トイレ)が限られてきますので

注意が必要です。

マンションか戸建てか、排水が床の上にあるか下にあるか

(床の上にある場合は後ろにパイプがあるので目視ですぐにわかります)

床上の場合は排水の高さはどれくらいか

床下の場合は壁からの距離がどれくらいかなどなど

いくつかチェックポイントがあります。

なので商品の選定においては専門の業者さんに確認する必要があります。

その上で、トイレの機能をあれこれ選んでいくわけです。

 

pht_point_02

 

最近の流行ですと

トイレ自体に備わっている機能として

節水は当たり前でいかにお掃除が楽になるかという点において

各メーカーの特徴が出ています。

 

ここ1年くらいで私がオススメしたいのが2つあります。

1つ目はTOTOの上位機種ウォシュレット「アプリコットシリーズ」です。

これに搭載されている「きれい除菌水」という機能がスゴイ!

これは、トイレを使用する前に便器のボウル面にミストを吹きかけ

さらに使用後には除菌水のミストを吹きかけることにより

かなりきれいな状態を保てるようになっています。

今までTOTOには便器自体にセフィオンテクトという

便器を滑らかにすり技術が使われていたのですが

正直それだけでは物足りない感がありました。

しかし、除菌水と合わさることによって飛躍的に良くなった気がします。

 

pht_point_01

 

2つ目はLIXILから発売された「アクアセラミック」です。

これもスゴイ!というかびっくりです。

LIXILさんの言葉を借りれば

「新品のときの白さ輝きが100年つづく」

という謳い文句。

それは、耐久性・抗菌性を持ちながら

「汚物」と「水あか」の汚れを同時に防ぐというトイレです。

例えば油性ペンを汚れに見立てて便器にすりつけても

水を流すだけで落ちていくというかなりのハイレベルな性能を持っています。

今はまだ一部のトイレに搭載され、価格設定も割高になっていますが、

近いうちにすべてのトイレに採用されていくのではないでしょうか。

 

nr0223_01_01

 

年々、様々な技術で進化し続ける住宅設備なので

我々もついていくだけで息切れがしそうですが

できる限り、お客様一人一人に合った製品を

選定するために、これらの知識は非常に重要になってきます。

新技術にアンテナを張りつつ日々勉強に励んでまいります。

 

 

 

ebinahome_admin トイレ