そろそろ子供部屋のリフォームかな?っと思ったら読ンでください!

子供部屋をリフォームを考える時、まずは明るい雰囲気にしてあげることを心がけましょう。

子供が楽しく過ごせる環境づくりが大切です。壁紙などは明るい色を選んでみましょう。

それにより照明を変えなくても部屋全体が明るく感じられやすくなります。

お勉強をしたり、遊んだりする場所などで明るさは大切です。

大人がくつろぐときには落ち着いた色やおさえた照明も必要ですが、子どもの場合は目を使った活動も多いので、

しっかり明るさを確保してあげることが大切です。

壁紙とともにカーテンも明るさを意識して選んでみるとよいでしょう。

 

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

 

子供が少し大きくなってくると子供部屋に欲しくなるのが机ですよね。

ここ数年はある程度大きくなるまではダイニングなどで

勉強をさせるようなスタイルも増えてきています。

ただ、お部屋に机を置きたいということであれば、勉強のしやすい環境に整えてあげましょう。

例えば、おもちゃや遊び道具をしまうところとは離して設置するとよいです。

おもちゃが目に入ってしまうと、勉強しなければならない時でも気が散ってしまうことになります。

落ち着いて勉強ができるように、勉強するスペースからは

余計なものが見えないようにしてあげることも必要かもしれません。

ベッドや他の家具でお勉強用のスペースと遊びのスペースを仕切ってみるなどすると、

集中しやすい環境を作ることができるようになるでしょう。

 

自分用の収納をきちんと用意しておくことも大切です。

子どものうちは親のものと一緒にしまっておいてもよいのではないかと思う方も多いでしょうが、

自分のものを自分で把握し、出し入れするという経験をしていくことで片付けの習慣が身についていきます。

せめて普段使いのものは自分で収納できるように、使いやすく十分な収納スペースを用意してあげましょう。

高いところは手が届かないこともあるので、出し入れを頻繁にするものは子供の手の届く範囲にしてあげましょう。

服やカバンなどのほかに、書籍も自分で出し入れできるように本棚を作ってあげるのもよいでしょう。

子どもの心や読み書きの能力を育ててくれるものですから、いつでも欲しいものが出せるようにしたいものです。

 

子供部屋だからと言って、特別に子供っぽくする必要はありません。

あまり子供っぽいお部屋や子供専用の家具などはすぐに趣向が合わなくなり使えなくなってしまうこともあります。

これから新たに購入するのであればあとあとまで愛用できるようなシンプルな家具を選んでおきましょう。

組み合わせたり、増やせたりするものなら成長に応じて必要なものを増やしていけるのでお勧めです。

 

子供はどんどん成長していきます。

成長に応じた対応ができるようにという事を考えながらリフォームできるといいですね。。

簡単には選べない!フローリングのお話し

日に日に陽も短くなってきました。

この時期になるとリフォームシーズンが近づいてきたかなと感じたりします。

今回は皆様からのご質問も多いフローリングについてまとめてみました。

フローリングにはどんな種類の物があって何が違うのか?

どのような特徴があるのか?などなど書いておりますので参考にしてみてください。

 

まず、フローリングには「複合フローリング」と「無垢フローリング」があります。

皆さんも無垢フローリングというのは何度も聞いたことがあるのではないでしょうか。

その名のとおり無垢の木材を使った一枚板のフローリングです。

そして、複合フローリングとは基材になる合板(ベニヤ)や

MDF(繊維状にした木材に接着剤を混ぜて熱圧成形した板)に

薄くスライスした木材(化粧材)を張って作られたものです。

複合フローリングには化粧材として天然木を張ったタイプと

ビニル系化粧シートを張ったタイプがあり、

さらに天然木を張ったタイプには

木の厚みが0.2~1mm程度の突き板フローリングと

2~3mm程度の挽き板フローリングがあります。

 

img4

 

 

  • 化粧シートフローリング

樹脂やオレフィンなどのシートに、フローリング柄などを印刷したものを基材に張り合わせたもので

汚れにくくメンテナンス性が高い、傷にも強くWAXフリーのものが多い。

薄っぺらくなりがちだが最近は印刷技術が向上していて中には正確に柄が再現されているものもある。

 

  • 突き板フローリング

天然木をスライスして基材に張っているので仕上がりは本物の木そのもの。

使用される天然木は比較的高級で非常に木目が美しいものが多い。

貼り付けられる木は0.2mm程度しかないため表面に強い塗装(コーティング)を施してガードしている。

そのグレードにより価格・強さともにピンきりである。現在最も多く流通しているタイプ。

 

  • 挽き板フローリング

天然木を鋸で挽いて切り出した板を基材に張ったもので、のこクズが出る分コストアップになるが、

スライスでは難しい厚みにすることができる。無垢材に近い風合いを出しながらも、

基材が合板のため反りや割れがなく無垢材に比べ製品精度も施工性も高い。

 

  • 無垢フローリング

自然素材としての良さがあり質感・肌触り・香り・経年変化で起こる味わいが楽しめる。

耐久性も高くメンテナンスは必要だが長期間の使用に耐える。

しかし、傷がつきやすい材が多く、反り、割れ、床なりなど自然素材独特のデメリットもあるので注意したい。

 

ちょっと番外編

※遮音フローリング

主に突き板フローリングの裏にクッションが張ってあり一定の遮音性能を有している。マンション用として使われる。

※ユニフローリング

短い無垢板を縦につないでフローリングを作っているもので無垢の味わいを出しつつ低コストに押さえている。

つなぐピッチが短いほどコストが抑えられる傾向があるが、重厚感にかける。

 

65ecfe5a891d570152f404a02c5ce36b-437x288

↑こんな感じでフローリングの下にクッションがついてます

 

以上、番外編も含め①から④までローコスト順に説明を付けてみました。

もちろんそれぞれの性能により価格が逆転することもありますが大まか上記のような順番で

④無垢材のコストが一番高くなっています。

わたしは、長く使い続けることを考えたら無垢材をお勧めしたいところですが

傷がつきやすくメンテナンスに手がかかるという短所もあります。

それでも、その自然の風合いなどは素晴らしいので

新しくフローリングを採用する時にはぜひ検討してみてください!

リフォームにはいろいろな内装仕上げ材がある!

リフォームしたときに一番目に入ってくる内装材。

素材感と色のコーディネートは重要ですよね!

僕も今までいろいろな内装材を使いましたけど

どれもそれぞれ良いところと悪いところがあります。

まずは、どんな選択肢があるのかを見ていきましょう!

「クロス(壁紙)」

住宅に一番多く普及している壁・天井の仕上げ材で色、柄、質感などバリエーションが豊富。

賃貸向けの量産品から汚れ防止や防かび効果などの特殊機能が付随しているビニールクロスや珪藻土クロス・紙クロスなどのナチュラル系クロス、織物の様な布クロスなど質の面でもコストの面でもリーズナブルなものから高価・高品質なものまで様々な商品がある。貼り替えが容易であるため、メンテナンス性にも優れている。

「塗り壁」

漆喰や珪藻土、土壁に代表されるような壁で土などを練ったもので塗りあげて仕上げる素材。

仕上がりも職人の手仕事から生まれる様々な質感の味わい深い表情が特徴。素材によっての差はあるが調湿機能を備え有害物質を出さないばかりか、最近では有害物質を吸着する商品も出てきて改めて注目されている。仕上がりは雰囲気がありすばらしく長年の使用に耐えるがひび割れが起きることがあり、上から塗ることで部分補修は可能だが掃除がしにくい。

6b27b03ab43583874f5f69fcf1c48ae3_m

 

「塗装」

色は制限がほとんどなく好きな色を作ることができ質感も全く艶のないマットなものから艶のあるものまで微妙なニュアンスを表現することができる。仕上がりは塗装独特なしっとりとして落ち着いた高級感のある表情がでる。木造などでは割れが出やすくメンテナンスに手がかかることがある。

「化粧塩ビシート」

ビニルフィルムを壁に張って仕上げる方法。主に施設や店舗などに使用したりマンションのエレベーターにも良く使われている。耐久性が高く清掃性に優れている。ビニールシートに柄が印刷してあるが、最近の印刷技術の向上により木目などはかなりリアルに再現されている。見た目に多少のビニル感が出てしまうものもある。

「木質材」

天然の木材で主に板状になったものを組み合わせていく。樹種や張り方によって色々な質感や表情を楽しめる。腰までの高さを木質の素材で仕上げ腰壁とすることもある。オイル仕上げなどの塗装を施すことによって色を調整したり耐久性、メンテナンス性を向上させることができる。その他、表面の綺麗なベニヤをそのまま仕上げとしたりすることもある。

3e5aaaac7ca2feee0d0d8ea98fc969c7_s

「タイル・石材」

色柄大きさ、貼り方で多様なデザインのバリエーションがあり、壁面の一部に採用しデザインのアクセントにすることも多い。焼き物の味わいある表情が作れるので一部に利用するだけで空間自体に高級感を出すことができる。耐久性が高く熱にも強いためキッチンコンロ周りの壁面に使用することが多いが、同時に目地の汚れが嫌われることも多い。

087a4c77ce855d6fbcba6ea7133e0e03_s

 

 

以上壁に使われる素材の紹介をさせていただきました。

僕の経験もふまえつつですが一般的な解説になっていると思います。

それぞれの特徴を抑えつつ自分のスタイルに合った素材を選びたいものですね。