これならできそうDIY!ソファのウェービングテープの張替え


身内からの相談。

「ソファのお尻のところが下がっちゃって・・・なんとかならない?」

という話。

私「家具屋さんでやってくれるんじゃない?」

「もう長く使ってるからプロに頼むほどでもないんだよね~」

私「いつでもいいならやってあげようか?その代りノークレームノーリターンでお願いします」

「ほんとに?助かるー!!!」

という感じで、ソファーのヘコミを直すことに。

見てみると確かにべっこり凹んでました。

ソファにはいろいろなタイプがありますが

クッションの下にウェービングテープというテープを格子状に張り

それを四方に引っ張ることによってテンションをかけ座面を支えているものでした。

ということで今回はウェービングテープの張替えに挑戦です。

 

 

使う道具はこんな感じです。

 

 

ソファの座面の下にあるウェービングテープが張ってある部分を取り外し

 

 

古いカバーとテープを取り外します。

タッカーのピンを一本一本はずしていくのが結構手間ですがここはきれいに行きましょう。

 

 

全てのピンをはずしたらテープを張る位置にマーキングしていきます。

テープは50mm幅のものを使用しています。

50㎜のテープを50㎜の隙間をあけて張っていきます。

 

 

まず片側をマーキングに合わせてタッカーで止めます。

1か所に10発くらい打ち込む感じがよさそうです。

片側を止めたらテープを反対側に引っ張り軽く張った状態から

50㎜~70㎜程度さらに引っ張り込みタッカーで止めます。

 

 

これは写真を撮る都合上床に置いてますが、

実際は台の上に枠を置き足などでがっちりホールドしてテープを引っ張り込みます。

テープを斜め下方向に引っ張ると力が入りやすくタッカーで止めやすいです。

結構力がいるとこで、けがをしやすいところなので気を付けてやりましょう。

張っり終わったら適当な長さにカッターでカットします。

 

 

まず一方向を全面張ります。

その後、テープをくぐらせながら直行方向を貼っていきます。

 

既存のカバーを張りなおして完成です。

ということで、結構待たせてしまいましたが完成品をお届けしました。

 

「なんか少しは張りが弱くない???もうちょっと堅い方が好きなんだけど」

私「・・・・・・ノークレームノーリターンでおねがいします。」

 

 

「住まいに安心を、住まいにたくさんの笑顔を」をお届けする

住宅リフォーム専門店エビナホームのご紹介ホームページはこちら

毎月開催「市民講座」のお知らせ

最新の講座・イベント情報はこちら!!

聴いたらすぐに誰かに話したくなる充実の内容や面白いリフォーム談議も聞けます!