使い勝手と丈夫さにこだわった理想のキッチンリフォーム&バリアフリートイレリフォーム

打合せ期間:2カ月
工事期間:10日間
費用:180万
種別:戸建て

施工前

築35年の木造住宅。

キッチンは35年間手つかずのブロックキッチンでした。

キッチンの傷みもかなり進んでいましたが、それよりも床の劣化がひどく

奥様が歩くと床がフカフカと柔らかくなって少し沈むという状況でした。

料理中にも床が気になって仕方がないということで、キッチンを含めた

リフォームを検討を始めました。

併せて、開き戸に不便さを感じていたトイレもリフォームの方向で話が進みました。

35年間変わらずのキッチン

既存トイレ

施工後

キッチンは奥様が膝が悪かったのもあり、開き勝手の収納に使い勝手の悪さを感じていたことと

収納部分を効率よく使えていなかったためフルスライド(引き出し式)収納のシステムキッチンにリフォームしました。

 

↓収納を重視される方はこちらの記事もどうぞ

「キッチンリフォームをする際に絶対考えたい収納スペースの話」

 
「長く使いたい!」というご要望も強かったので

今回は機能性と耐久性、そしてシンプルさのバランスが良い

キッチン本体までステンレスで作られているクリナップのキッチンを選びました。

床のブカブカを直すのにあわせて、床下に断熱材を入れ足元の冷えを少しも改善できるようにし

仕上げ材には施主様がこだわったオークの無垢材フローリングを採用しています。

キッチンは奥様のご要望に合わせ、全体的に明るく柔らかい雰囲気となっています。

トイレは節水型の製品を採用し、施主様が一番気にされていた扉を引き戸にすることにより

使用時にも清掃時にも廊下に影響することなく使い勝手の良い空間となりました。

クリナップのステンレスシステムキッチン

キッチンカウンターは人工大理石で明るい仕上げに

引き出しの収納をフル活用しています

家電を置ける収納も設置しました

引き戸になり使い勝手が改善されたトイレ空間

手すりも設置されバリアフリー化もしています。