和室からレトロ和洋室へそして昔ながらのお風呂から寒くない浴室へ

打合せ期間:2カ月
工事期間:15日間
費用:250万
種別:戸建て

施工前

築32年の戸建て住宅。手つかずの浴室と洗面脱衣室、和室。

水道からは1年以上前から錆水がではじめ、調理をするためにウォーターサーバーを導入して

ごまかしごまかし使っていたとのことでした。

和室も砂壁の欠落や変色が激しく、木部のシミも色濃く出ていたため

掃除をする気力がわいてこないのが悩みでした。

和室

洗面脱衣室

浴室

施工後

和室の雰囲気を残したままフローリングにしたいというご要望のため

昔懐かしい雰囲気を壊すことなくシンプルな部屋へと変わりました。

木部はレトロ感が出るように光沢をおさえるように塗装でしあげ

障子は新調するも、木部に合わせて塗装で仕上げました。

さらに、和室のリフォームに合わせ床の断熱を強化し念願の床暖房を採用しました。

 

今回は水廻りのリフォームに合わせ給水給湯管をすべて入れ替えました。

浴室はTOTOのシステムバスを採用し断熱を強化、浴室暖房乾燥機を採用しています。

工事後は、寒さを感じることもなく快適に使用しているとのこと。

洗面化粧台は狭くて使いずらかった観音開きの収納を引き出し式に変更することで

有効にスペースを使うことができるようになりました。

 

今回のリフォームでは戸建て特有の「寒さ」を解消することで快適性が格段にアップしました。

 

既存を活かしながらただの和室から和モダンに。

建具も襖から一新。これで玄関が格段に明るくなりました。

障子にはかわいい桜。かわいいだけじゃなく強い紙です。

家具は海老名の老舗家具屋ノックオンウッドで調達。

寒さと使い勝手が改善されたシステムバス

引き出しで楽に使えるようになった化粧台